スポンサーサイト

  • 2018.01.10 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    相手のことを決めつけているのは、どこまでも自分の価値観のみ

    • 2013.07.16 Tuesday
    • 00:00

    こんにちは♪

    IRMエキスパートガイドの奥山リエ子です。

    最近の私は・・・2週間後の引っ越しに向けて、断捨離してます♪

    5年前の引っ越しから空けてないダンボールもあったりなんかして・・・
    とっても身の回りを整理するのにいい機会です^^



    さて、私はIRMを始めた頃、勤めていた職場の上司に対して、
    よくネガティブな感情が出ていました。

    すぐに機嫌が悪くなるし、キレるし・・・
    これを言うと機嫌悪くなるとわかっているけど、
    言わないわけにもいかない事情がある。

    いつも同じようなことでデトックスされていて、
    結構悩みの種でした。


    いっつも嫌な感じの人がいる、あの人はいつもそう。
    関わりたくないな〜なんて人、いたりしませんか?



    例えば1人イメージしてその方をAさんとしたら、

    見た目や言い方、態度、過去の記憶など
    自分の五感・第六感を総動員して
    「自分が認識している」Aさんを創っている


    というふうに考えます。

    (これは嫌な人でも何とも思わない人でも大好きな人でも同じです)

    私からみた「Aさん」が出来上がるというわけです。

    例えば上記の、こういうことを言うとすぐキレる、
    機嫌が悪くなるAさんという具合です。


    あくまでも、自分の感性や価値観を通してAさんをうけとるので、
    自分の価値観を超えることはないわけです。


    そのことを、「他人は心の鏡」というふうに言っています。



    結構理屈では分かると思うのですが

    先日のIRMアカデミーで先生から、

    「割と知っている人を1人イメージして
    私にとってその人はどういう人か考えてみてください。」

    「そして、あなたは何パーセントくらい
    その人のことを受け取れていると思いますか?」

    という質問がありました。


    私は、50%くらいかな〜なんて最初思いました。

    あなただったらどうですか?

    実は、この数字が高ければ高いほど、
    他人を勝手に決めつけている ということだと気づきました。


    ちなみに50%って、ものすご〜く高いパーセンテージだと思います。
    参加者のなかには、数パーセントという方もいらっしゃいました。


    自分の受け取り方で人を認識しているということは知っていても、
    自分で他人を決めつけている自覚がないということは、
    知っているけど実際にはできてない状態ですよね。

    他人との間で摩擦が起きやすい状態です。


    先生からは、


    相手のことを自分で決めつけない、限定しない。

    限定しているのはどこまでも自分の価値観、思考パターン。

    それを外していく。

    イコール相手を自由にするということでもある。

    それは『あなたはこういう人』という
    自分の世界観の中に閉じ込めないことだから



    というお話がありました。


    私は最初その上司のことで限定している価値観を外していくため、
    同じデトックスをもらわないための自己観察は難しく感じました。

    そうはいっても最初にAさんにそういう嫌な反応をされたから、
    次もそうするだろうとどうしても考えてしまう。
    そうすると、それが現実となる。
    それの繰り返し。

    自己観察しても、現実が変わらなくて嫌になってくる。


    でも、自分が観れていない、そうじゃないAさんの可能性を信じること。
    毎瞬変わっているAさんを信じること。

    そして、あきらめずに自分の中に持っているその体験のもとになる
    「価値観」を見つけ出し、浄化すること。


    自分が、Aさんに対しての感情を引き起こす「価値観」を
    開放して自由になれた時、

    Aさんに対する決めつけもなくなり、
    Aさんを自由にすることができるんですね。




    私は以前は、「人から勝手に決めつけられている」と感じて
    嫌な気持ちになることが凄く多かったです。

    それも、自分が他人を決めつけていたことを映してくれていたんですね。

    人から勝手に決めつけられるって、気分が悪くないですか?
    何よ〜勝手に決めないでよ、私の何を知っているのよとか思いませんか?

    人には同じことしたくないですよね。


    今は一緒に仕事をしていないからということもあるかもしれませんが、
    Aさんのいいところをたくさん見ることができるようになりました。



    自分が自由になるために、他人が存在してくれていること。

    自分が自由になることができたら、他人も自由にすることができること。


    このシステムって素晴らしいし、本当に本当に大切なことだと実感しています。




    このシステム、知ったからには是非活用してみませんか?

    IRMは、この宇宙のシステムを活用するためのツールなんです。

    IRMベーシック講座では、IRMの基本をいろいろな視点からロジカルに
    IRM開発者の幸田先生自らお話ししてくださいます。

    IRMの要である「自己観察」についても、
    4月にバージョンアップした3ページにわたる最新版を使い、
    先生自らが詳しく流れを説明してくださっています。

    今まで自分で自己観察をやってみたけど、いまいちよくわからないなあ・・・
    という方も、先生のお話を聞いてこのドリルどおりにやれば、
    浄化のためのコツがとてもつかみやすくなると思います。

    一度参加したことがあるかたでも十分楽しめるように、
    毎月進化した内容になっています。

    私も2回目からずっと参加してますが、
    第55回まできてもまだまだ新鮮はセミナーです♪

     
    そしてっ!なんと今回からスペシャルプレミアムキャンペーンがスタートです〜♪

    ♪実感!引き寄せテク&トレ「IRM Basic講座」♪

    日時 2013年7月28日(日) 13時30分〜16時30分
    会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 会議室2
    交通・アクセス  
    http://www.kawasaki-sym-hall.jp/access/
    会費 6000円 ※定員15名(予約制・先着順)
       受講生及び修了生は何回でも無料。

    ※期間限定で、セミナー初回参加費が半額
     の3000円になります!!

     この機会にぜひどうぞ☆

    お申込み、詳細はこちらです。
    http://irm-kouenkai.jimdo.com/irmbasic/



    最後までお読みいただきましてありがとうございました。

    今日もあなたが心からの幸せを感じて過ごせますように!


    IRMエキスパートガイド
    奥山リエ子

     

    IRMは「真理学」。真理を学び、それを実感する。

    • 2013.07.09 Tuesday
    • 00:00

    こんにちは!

    IRMエキスパートガイドの奥山リエ子です♪

    梅雨明けしてものすごく暑いです・・・
    娘はとても焼けやすいのですが、ちょっと病院まで行く間に顔が真っ黒に。
    なんと人もほとんど歩いていないんですね・・・
    最寄駅までの10分で歩いている人に一人も出会わなかったのにいはびっくりでした。


    今、13日(土)のIRMアカデミーの発表に向けて、
    私にとってのIRMの魅力を振り返っているのですが、
    先週は感謝感動親切といった幸せを感じる感性が耕されることを書きました。
    今日は、「真理があること。」について書きたいと思います^^


    「真理」という言葉、
    私はIRMを始めてしばらくするまで、意識したことはなかったし、
    最初聞いたときは、真理?オウム真理教の真理?位でした。

    ここは、人それぞれ大きく違う部分ですよね。

    でも、言葉では知らなくても、
    初めて受けた幸田先生の個人セッションで、それを感じたんですね。

    ああ・・・私が求めていたのはこれだったんだ!!と。


    IRMに興味を持ったのは、自己観察、自分自身のこころの浄化でしたが、
    その元には、医療の分野で心からのアプローチをしていくという夢のために、
    まずは自分から心の浄化をしたいということがありました。

    医療で言うと、最初は漢方に興味を持ち、
    アロマや、ハーブや、ホメオパシーや、フラワーエッセンスなど、
    (他にもヨガとかマクロビオティックとか)
    だんだん身体に作用するものではなくて、心に作用するものに興味を持っていきました。

    で、その考え方にもすごく共感していいなあと思ってやっていましたが、
    でも、何かが足りない感じでした。
    私は絶対にこれで人に立てる、自分が生涯やっていきたいのはこれだ!
    という確信みたいなものがなかったんだと思います。

    だから、実際にフラワーエッセンスのセッションをしたりしていましたが、
    自信がなかったり、どうしても!と言うエネルギーがちょっと足りない感じでした。


    その時私は、全ての病気を治せるものを探していたんですね。
    病気は治さないといけないものと思ってました。
    病気は自分の内部の不調和に気づかせてくれるメッセージだと知っていながらも、
    どこかで悪いものだ、治すべきものだという意識を持ち続けていました。

    で、西洋医学では治らない人がいっぱいいる、漢方でも治らない人がいる、
    この方法でも治らない人がいる・・・そうやっていろいろと探していました。


    そんな時に出会ったのが、IRMでした。

    全て自分が体験する現実は、自分の意識が創っている。
    与えたものは必ず還ってくる。
    他人も自分の思考により創りだしている

    こういう「真理」と言われることを、医療のこととはまた別の本でいろいろと読んで、
    聞いたことはあるという感じでした。

    本当はそうなんだろうな〜と思い、とても興味はあったものの、
    実際の自分とはかけ離れていて、自分には無理な世界なのかなと思ったり、
    どうしたらそういう意識状態になれるのかも分からなかったし、、、

    知識として知っていて、それっぽいことを言っている人はまわりにいても、
    実際本当にそういう意識状態でいる人には会ったこともありませんでした。

    例えば、カウンセリングの腕が素晴らしい先生や、
    瞑想でいろいろな意識状態を体験しているヨガの先生や、
    大人気のヒーラーさんなど、
    そういう方は知っていましたが、
    人気だから、その分野で認められているからといって
    「真理」をそこに深く感じることはありませんでした。
    (その時は「真理」と意識していませんでしたが、今から思うと・・・です)

    でもIRMのセッションで、ああ、私が求めていたのはこれだったんだ!!と思えた。

    それは、幸田先生が、私が本で読んだ事がある、

    凄いし憧れるけど、
    現実的に自分ではどうしたらそうなれるかわかんない、
    ちょっと別世界の

    自分が現実を創造していること、他人は心の鏡であること、
    そういう真理の知識を

    本当に実感し、本当にその通りに生きている

    ということを感じたからです。


    そして、医療・健康のことに関しても、今までやってきた中で
    何か足りないな〜と思っていたのは「真理」だったんだ
    ということがよくわかりました。

    「真理」って、学校で習わないので、知らなければ知らないで終わってしまいますよね。

    幸田先生がよく一言で説明されるのは、絶対に変わらないこと。
    例えば地球では重力があるということなど・・・というお話しが
    私はわかりやすかったです。
    地球の中心にすべてのモノが引っ張られていることは、
    全てに当てはまる法則ですよね。

    学校で習うことは、時代とともに変わったり、国によって変わったりしますが、
    真理は変わることがない。

    (余談ですが、変わらないものはないということが真理というのも面白いですよね^^)

    デジタル大辞泉の解説です↓↓

    しん‐り 【真理】
     
    1 いつどんなときにも変わることのない、正しい物事の筋道。真実の道理。「永遠不変の―」「―の探究」
    2 哲学で、
    思惟と存在あるいは認識と対象との一致。この一致については、いくつかの説がある。
    プラグマティズムでは、人間生活において有用な結果をもたらす観念をいう。
    3 仏語。真実で永遠不変の理法。真如。

     
    私は、この「真理学」であるIRMを学ぶことで、
    病気・健康の概念に対しての自分の思い込みなども改善されました。

    病気はすべて治さないといけないのなら、
    なぜ生まれつき病気の人がいるのか?
    治らないといわれている病気になった人は?

    全て、その病気の体験の意味というところに答えがありました。
    その人が、その病気という体験を通して、何を学びたいのか?
    どういうギフトに気づく必要があるのか?ということです。



    「真理」について、まだ理解も深くないので、
    今の私が思っていることを書くことしかできませんが、

    IRMにある「真理」がなぜ魅力的なのか?

    病気を含めてすべてのことで、人か悩む困るのは、
    「真理」を知らないからだと思いました。

    また、知っていても、それを使えていないから。

    真理がなくても、悩みが解決することはもちろんあると思います。

    でも、真理にのっとっっていれば、解決できないことはない
    とういう部分が違うことかと思います。

    病気の事であれば、病気であっても悩まない困らない生き方ができるということ。

    真理に則って生きていないときに、悩み・困ったことが出てきて
    道から外れているよと教えてくれる。




    その真理って何?という具体的な‘知識’と、
    知識だけではなくて、真理にそって生きるためには具体的にどうしたらいいか?
    という‘方法’があることが、私にとってのIRMの魅力なのです。

    そしてその方法が、わかる人にはわかるとか感覚的なものではなくて、
    「真理」という「 いつどんなときにも変わることのない、正しい物事の筋道。真実の道理。」
    というものにふさわしく
    誰がやってもこうなる・できるという「型」があること。

    知識だけでは、観念論になりがちなところを、
    とても現実的で地に足のついた、実際の生活で再現できるということ。

    その方法自体も魅力です。



    「真理の探求」なんていうくらいなので、
    なかなか難しいテーマですが、
    私が最初IRMに感じた魅力は間違いなくここだったと思うので、
    私の書ける範囲で書いてみました。


    実際に、現実を創造している自覚はIRMを始めてどんどん上がってきているし、

    その自覚を持つためにやる自己観察で
    真理の知識を「実感」できたときの感動は本当に素晴らしい体験です。

    この感動があるから、ずっと続けていけるし、
    人にもオススメしていきたいなあと思えます。



    〜お知らせ〜

    次回IRMアカデミーのエキスパートガイド(コーチ)の発表は、
    『実感したIRMの魅力』です。

    現在9名いますが、きっとみんなそれぞれ違った魅力の感じ方をしていると思います。
    あなたの感性にピッタリの魅力をぜひ感じてほしいです^^

    体験談もたくさん聞けると思います☆
    私もみんなの話を聞くのがすご〜く楽しみです!


    7月13日(土)13:30〜16:30

    奥山のブログを見てご参加されると、
    当日使える1000円引きチケット、または、
    お二人で参加で一人無料チケット差し上げています♪

    詳細・お申し込みはこちらからどうぞ↓↓

    http://irm-kouenkai.jimdo.com/irmacademy/


    自己観察のご興味がある方は、
    11:00〜13:00の自己観察カフェ(無料)
    もぜひいらしてくださいね。



    最後までお読みいただきまして、ありがとうございました♪

    今日も素晴らしい一日をお過ごしください!


    エキスパートガイド
    奥山リエ子


    自己観察・創造的自己観察で感性を耕す

    • 2013.07.02 Tuesday
    • 15:54

    こんにちは。
    IRMエキスパートガイドの奥山リエ子です。


    昨日から、4年前プログラム受講中だったころのことを思い出していました。

    そのころとは、本当に頭の中が総入れ替えされたくらいに違う感じなのですが、
    いろいろ何がどう変わったのかな、何がよかったのかなと考えてみて、
    今まで記事ではあまり書いてこなかった「感性を耕す」
    ということに触れてみたいと思います。


    感性を耕すっていうのは、感謝・感動・親切できる感性が耕されるということです。

    感謝できることに気づける感性、感動する感性、
    親切しようとする感性に乏しかったことが、
    自分を不幸にしていたということが、本当に本当〜によくわかります。



    でもこれを当時の自分に言っても、ピンとこないと思います。

    それがどんなに大事なことかわかっていたら、
    その状態でいることはないわけですし、

    もちろん情報として知ってはいたので、むやみに「ありがとうございます」
    を使おうとしたりはしていましたが
    なんでそんなに大事なのかということがちゃんとわかっていませんでした。

    だから・・・今ピンとこないと思った人ほど、
    あなたにとって大事なことだと思います。

    たいてい問題の大元の原因に気づいていないから、
    問題になっているものですしね。



    今も感謝力感動力親切力・・・まだまだだなのですが、
    (これはここまでできたらOKというものでもなく限りなく豊かになれることなので)
    でも、以前の自分から比べたら遙かにいいです。

    何がいいかというと、一言でいうととても心が豊かであるということです。

    周りの人やモノやいろいろなものから与えられているんだ・・・
    自分はこんなに恵まれているんだ・・・

    ということを実感できている。

    これって、何よりの幸せではないですか?



    誰かからみて世間的に幸せとかではなくて、
    「自分にとっての」恵まれている感、幸福感に満たされている・・・

    これがIRMで目指している「絶対幸福」です。

    自分が幸せと感じられていたらそれでいいということです。

    逆に、周りがどんなに恵まれた環境だなあと思ってくれていたって、
    本人がそう思えなかったらその人は不幸なんですもんね。



    じゃあ具体的にどうしたらいいの?っていうと、
    IRMでは「創造的自己観察」をやります。

    マイナスからゼロにする自己観察ではなく、
    ゼロからプラスを「創造する」自己観察で、いろいろとあるのですが、、
    その中でも「ものごとの潜在価値をみる」
    ということを先生はよくおすすめされています。


    4年以上前、プログラムを受講中だった私の
    初めての創造的自己観察をみつけました^^

    ちょっと長いですが・・・
    潜在価値をみるってこんな感じということをシェアします。

    ↓↓↓

    食品をいつも宅配でとっているが、そこから今日きたパンがすごくおいしくて感動した。
     
    私がおいしいって思うには、味覚が必要。
     
    パンを食べるには歯が必要。
     
    パンを届けてくれる人がいなかったら食べれなかった。
     
    宅配の会社が安心な素材でおいしいパンを作っているパン屋を探して
    取り扱ってくれなかったら、このパンに出会えなかった。
     
    一度パンを作ったことがあるけど、作るの難しい。
    特に天然酵母だけだと、固くなりやすいし。
    これを作るのに、きっと試行錯誤を繰り返したんだろう。
    もともとパンを作る技術は海を越えてやってきたものだし。
    海外へ修行に行くパン職人もいっぱいいる。
    パンを焼くオーブンや、発酵させるものも必要。
     
    原材料をみると、小麦粉・オートミール・アーモンド・くるみ・はちみつ・酵母・バター・食塩・菜種油
     
    小麦粉は小麦を育てる。何ヶ月もかかる。農家の人が大切に育てている。
    太陽と土と水と気候と人の条件がそろってやっと小麦ができて、小麦粉ができる。
     
    はちみつは花と蜂。
    花は子孫を残す為に虫や鳥を呼ぼうと蜜を作る。
    そして蜂が一生懸命集めた蜜。それをいただいている。
    養蜂家の人が蜂の巣からとって食べれるようにしてくれている。
     
    酵母は何からとったかはわからないけど、植物の酵母を発酵させて作っている。
    自然の力。人は発酵しやすい環境を整えるだけ。
    それでも、私は最初酵母をおこすのは難しかった。
    安定して作るのには細かい管理が必要。
     
    塩だって海水から、いろいろな工程を経てつくられるし、
    バターは牛から
    菜種油は菜の花を育てて油をとって、
    アーモンド・くるみは木からとって、
    オートミールも農家さんが作って、
     
    それぞれ気の遠くなるような過程を経てパンになって、私のところへ来てくれた。
    1個のパンがたくさんの人の手を通してできている。
    人だけでもダメ。牛や蜂や、植物が育つには微生物や昆虫なども。
    そして自然のエネルギー、太陽・水・土・空気などが絶妙のバランスで働いている。
     
    あとは親からもらった体。
     
    一つでも欠けたら、私のおいしいっていう感動はなかった。
     
    そう思ったら、今健康で好きなものを食べて、
    おいしいって感動できているのは父と母のおかげ。
    五体満足に生んでくれて、健康に育ててくれて、父も母も食事のことを気遣っていた。
     
    おいしいものをおいしいと感じられてよかった。
    お父さん、お母さん、ありがとう。


    文章だけで、どこまで伝わるのかわかりませんが、
    このあと、IRMへ出会えたこと、幸田先生への感謝などへとどんどん広がり、
    ものっすごい幸福感を感じました。涙もかなり出たような気がします。

    本当に自分は満たされているんだな〜と言う感覚です。
    絶対幸福感だったと思います。


    やればいつもここまでの感動があるわけではないし、
    始めるまではかなり面倒だったりするのですが、
    でも、やる価値ってものすごくあると思います。



    「感謝」が大事であるということって、いろいろと言われていることだと思います。

    でも・・・すべてに感謝、できますか??

    心からできてます!っている人は、私のブログを読んだりはしてないと思うのですが、
    どうでしょう??
    感謝できないとき、どうですか?

    私は、

    ,任發海ΔいΔ箸海蹐呂△蠅たいよなとか言い聞かせる
    ⊆己嫌悪になって自分を責める  

    二つの選択肢しか持っていませんでした。


    でも、IRMを知ってからは、新しい選択肢を知りました。
    それが、

    「不満など感謝できない感情を自己観察をして、
    心から有り難いことだと思えるようになる。」

    です。

    これ(自己観察)と、創造的自己観察をやることで、
    本当に感謝できることが増えていったんですね。

    ネガティブな感情が起きた時にする自己観察も、
    最終的には感謝・感動・親切できる感性を耕すことになってます。
    自己観察で浄化できると感謝が起こるからです。


    だから、今までの身の回りの物、人、勉強してきたこと、など、
    自分の人生におけるすべての価値が上がるんです。
    これって、凄くないですか?

    IRMは、これからの人生を豊かにするだけでなくて、
    今までの人生の価値をも大きくするんです。

    すべて肯定していくメソッドなので、どんなものともケンカしません^^


    あなたを本質的にもっともっと豊かにするIRM,ぜひ取り入れてみてくださいね♪



    次回IRMアカデミーのエキスパートガイド(コーチ)の発表は、
    『実感したIRMの魅力』です。
    きっと奇跡のような体験談がいろいろと聞けるんじゃないかな〜なんて思ってます。

    7月13日(土)13:30〜

    奥山のブログを見てご参加されると、
    当日使える1000円引きチケット、または、
    お二人で参加で一人無料チケット差し上げています♪

    詳細・お申し込みはこちらからどうぞ↓↓

    http://irm-kouenkai.jimdo.com/irmacademy/



    最後までお読みいただきまして、ありがとうございました♪

    今週もあなたにとっての幸せをたくさん見つけられますように!


    奥山リエ子

    思考の外から与えられていると信頼している

    • 2013.06.25 Tuesday
    • 13:17

    こんにちは。
    IRMエキスパートガイドの奥山リエ子です。

    さっき食べたスイカがおいしくてなんかとっても幸せ感あふれてます♪



    今日は、

    思考の外から与えられていると信頼している。=宇宙を信頼している。

    ということについて、実感したことを書きたいと思います。



    私が目指している「IRMエキスパートコーチ」になってやっていくための
    『課題』というものが自分の中でいろいろとあり、
    ちょうど、幸田先生からも一番は『コレ』とまた指摘されていたことがありました。
    ちょっと最近忘れがちだったので(汗)


    で、こないだセッションまでではないですが、IRM関連のことで人とお話していて
    伝わってほしい事があって、でも上手くいかない出来事がありました。

    自己嫌悪でまだまだだなあ〜と言う気持ちも大きく、
    今までだったら、そこまで粘らずにまた改めてとか思ったのですが、

    今回はもうあきらめたくなくて、どうしよう〜〜と、
    トイレに行った数分間結構必死に考えました。


    で、もうこれくらいしかやれることはないなあというのが浮かびました。
    今までだったらまずそういうことは話さないようなことです。

    なのでそれを否定する思考がいろいろと出てきます・・・
    今までこういう方向からはあえて話さないようにしてきたから、逆効果なんじゃ。
    実力がないのにそういうことだけ話すのは自分のためによくないのでは。
    などなど、葛藤が。

    でも、それにかけるしかもうないなと思って決めて、お話ししました。
    ちょっと涙ぐみました(笑)思いを伝える時に感情がでてきたので。


    で、結果。それが功を奏して、うまくいったんです。
    相手にも喜ばれました^^


    そして・・・別れた後に大きな気づきがありました。

    その「もうこれしかない」と思った、今まで自分がやらないようなこと、
    それがなんと先生からも指摘されたばかりの私の『課題』だったんです。

    この時、

    私がこの『課題』を実践し、それによって実感するために、
    このうまくいかない出来事が起こってくれたんだ〜!

    と思え、ものすごく感謝の気持ちが湧き起こってきました。

    やっぱり宇宙は完璧だ〜!!と凄く感動しました。


    ■追い詰められたときに、あきらめずに最善を尽くして考えられたことで、
    今までの思考パターンの枠の外からアイデアを引き寄せることができたこと。

    ■追いつめられることそのものがギフトであること

    ■それが今一番重要な『課題』であって、それを実践させてもらえたこと

    それらを実感させてもらえたのがすごく大きなギフトでした。



    実は5月のIRMアカデミーで、「絶対信頼」というテーマでお話がありました。

    IRMが目指す「絶対安心・絶対幸福」を得るためには、「絶対信頼」が必要。

    つまり、
    「私達の本質は幸せ。」
    「24時間365日いつでもどこでも絶対安心・絶対幸福になれる。」
    これを信じることが必要。 

    イコール、宇宙を絶対的に信頼するということ。

    そして、うまくいかないなと思う時でも、思考の外から与えられていると信頼している。
    それが、宇宙を信頼している。ということ。



    うまくいかないとき、
    ダメじゃん、ないじゃん、無理じゃん!!って思考がいっぱい出ているとき、
    宇宙を信頼していないっていうことですよね。

    そういうときこそ、そのうまくいかない原因の思考パターンの枠の外から
    与えられているものを引き寄せてくるチャンス。
    自分の枠を広げるチャンス。

    だって、自分の枠の中でうまくいっていたら広がるキッカケもないですよね。


    この体験で、宇宙って本当に自分の想像できないところで完璧に働いていて、
    それを絶対的に信頼するということの大切さをまた実感させてもらいました。


    この実感を積み重ねれば積み重ねるだけ、

    宇宙との繋がりが強まり、絶対信頼できるようになり、
    絶対安心・絶対幸福が身近になる。

    自信がつく。



    IRMを実践することで、多くの人の味わってもらいたいなあと思います^^

    最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。



    奥山リエ子


    〜お知らせ〜

    IRMエキスパートガイドは、IRMに興味がある方や、
    IRMのプログラム受講生のサポート(ガイド)を通して勉強させていただき、
    IRMのプロである「IRMエキスパートコーチ」を目指しています。

    ですので、このブログをお読みになっての質問でも、
    IRMについての質問でも、
    具体的な悩みや困っていることでも、
    是非お問い合わせいただけたらと思います。

    メール、スカイプ、対面で、IRM無料ガイダンスを行っています。
    http://irm-co.jp/?page_id=50

    あなたがどうしたら望む現実を創造できるようになるか?
    一緒に考えさせてください。

    奥山の連絡先はこちらです。
    holistic8790@ab.auone-net.jp


     

    起こってくることに素直に「覇意(はい)」と言う

    • 2013.06.18 Tuesday
    • 07:26

    こんにちは♪
    エキスパートガイドの奥山リエ子です。

    昨日はIRMの仲間と企画している「こころ磨きパーティー」の
    会場の下見にひらりーと行ってきたのですが、
    オーナーさんが、わざわざ私たちに合わせて
    お休みなのにお店を開けてくれて打ち合わせしてくれたり、
    金額も安くしてくれたり、お料理のスタイルも考えてくださって、
    とても親切な方でした^^オススメです☆

    恵比寿にあるそのお店はこちら♪
    http://www.greenwich-meal-time.com/top.html

    こころ磨きパーティーは、6月30日12:30スタートです^^

    ぜひ、お友達と一緒に気軽に遊びに来てくださいね♪
    そしてこころをぴかぴかにして帰ってください!
    (IRM関連の話はありません)



    さて、今日は「素直」というテーマで書きたいと思います。

    私は、小学校高学年くらいからでしょうか・・・
    母から何か言われたときにすぐ口答えなどしていたので、
    ずっと「リエちゃんは素直じゃない」「素直に言うことを聞きなさい」
    と言われ続けてきました。

    私としては、母が言うことをそれは違うだろうとか思っていたから
    その気持ちに素直に言っていたわけなんですが、
    そういうことを母にいうと、
    ああいえばこういうで本当に素直じゃない!
    と言われる・・・というのがいつもでした。

    そう言われ続けていて、私は素直じゃないんだ
    と思いこんでました。

    でも、社会に出てからは、先輩・上司などからは素直だね
    と言われることも多かったんですね。


    そして最近あるワークショップに出た時に
    「素直さ」について自分が考えるキッカケがあり、
    このことを思い出し、「素直」ってなんだろう??
    と考え直してみました。



    “「はい」という素直な心”

    っていうの、聞いたことありますよね。
    どうやら調べてみると仏教で言われることらしいのですが。
    やっぱり自分が違うと思っても「はい」と受け入れるのが素直なの?
    それじゃあ自分のこころに素直じゃないんじゃない?
    なんて考えてました。


    多分、一般的には、素直に相手の言うことを否定せずに聴くのと、
    それに従うのとは別だということなのかなと思います。
    でも、IRM的にもうちょっと深く考えてみますね。


    IRMでは、その素直に聞きたくないことを言う相手も「自分」
    その相手に素直になることと、自分に素直になることとは
    反することではないんですよね。

    何に対して「素直」なのかっていうところが問題みたいです。


    “「はい」という素直な心”から、
    ちょうど4年前のIRMアカデミーでの幸田先生のお話を思い出しました。


    「はい」の言霊は、「覇意」だそうです。


    「覇意」とは

    「覇」・・・すべてを網羅する
    「意」・・・意志

    「覇意」とはすべてを網羅する意。
    つまり、「全肯定」ということ。

    起こってくることに素直に「覇意」と言う。
    全てに「覇意」。
    衝突しない。

    自分の創ったすべての世界を完全に受け入れる。



    自分の創った世界には、
    その素直に聞きたくないことを言う相手も含まれていますね。


    自分のこころに素直なのか、相手のこころに素直なのかではなく、

    大事なのは、

    それをすべて含み、自分の世界を創りだす
    自分の「本心」に対して「素直」


    ということなんですね。


    ※「本心」って、潜在意識の深い部分にある
    ユングの提唱した集合的無意識層(すべてのエネルギーと繋がっている部分)と、
    繋がっている、簡単に言うと自分の心の深〜い部分です。
    IRMでは、この「本心」が、体験する必要のある現実を起こしていると言っています。
    自分の「本心」は、いつも自覚できているわけではありません。


    だから、素直に「はい」って言えないことを言われたときは、

    自分の本心に素直になって=自分の本心を信じて、

    なんで本心はこれを起こしているのか?
    私の本心はなんでこの経験をしたいのか?

    と問いかけること(自己観察)が大事なんですね。


    流れとしては、

    起こってきたこと(素直に聞けないようなことを言われたなど)
    は、自分の本心が望んで起こしたことなので、どう思おうともまずはこれを受け取る。
     =起こってきたことに素直になる…本心が起こしてきたことだなあと。

    ⇒そして、受け取りたくない気持ち(不満や怒りなど)を
    ちゃんと受け止めて丁寧に自己観察で浄化
    その体験の意味を問いかけ体験を全肯定(腑に落とす)

    ⇒その後、自然に「自分はどうしたいか?」というオーダーがでてきます。
    全肯定したから、すべてその通りにしないといけないわけではなく、
    全肯定できた体験から、自分が本当にどうしたいか?どうしたらいいか?
    本心がわかってきます。
    この本心がわかり、従えたら、本当に素直にできたということかなと思います。


    本心に素直になるということは、本心が起こしたことつまり、
    自分が素直になれないようなことを人から言われる体験に素直になり肯定するということ。

    受け入れがたいことを言う相手を否定するのではないということ。

    すべて人の意見を聞く自分になるわけではないということ。


    「自分が体験するすべてのことは、
    全部自分が体験する必要があって本心が起こしている。」

    ということに素直になること。



    「素」の意味を調べてみたら、
    物事を成り立たせるもと。根本になるもの。
    という意味があります。
    本質であり、本心とも言っていいのかなと思います。

    「直」とは
    まっすぐな状態、まっすぐにすること、間に何もない状態。

    自分の本質にまっすぐな状態。
    本質との間に何か邪魔するものがない状態。

    そんな状態のことを素直と言うのかな・・・なんて考えました。


    素直になるべきは、
    自分の世界全てを創る自分の「本心」に対して。


    そうすることは、
    自分の心に素直でいることにもなるし、
    人に対しても素直でいることにもなるんですね^^



    最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。


    今日も素直な心でお過ごしくださいね♪



    奥山リエ子









     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM