スポンサーサイト

  • 2018.01.10 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    自由と制約束縛とギフト

    • 2017.12.12 Tuesday
    • 23:37

     

    こんにちは(^^)

     

    IRM認定インストラクターの奥山リエ子です。

     

     

    ================

    自由とは、自らを由とする。

    すなわち自らの存在理由である。

    ================

     

     

    IRMでの「自由」の定義です。

     

     

    私たちは本来自由な存在であり、

    なんの制約束縛も受ける必要がない。

     

    ※制約束縛:「〇〇(人・もの・お金・時間)がないから△△できない」などの制限。

     

    全て自分の中にすでにある。

    だから何も持たずに生まれてきている。

     

     

     

    本来は受ける必要がないとはいえ、

    実際に私たちは制限を持って生まれてきます。

    制限だらけで生きています。

     

    肉体的な制限。能力的な制限。

     

    じゃあ、なぜその制限をもって生まれて来ないといけないのか?

    というお話を10日の1DAYスクールで聞きました。

     

     

     

    例えば何不自由なく大人になったら・・・?

     

     

    人の苦しみや痛みは、そういう経験をしたことがないとわからない。

    自分が制限をもって、そのことで辛いことや大変な経験をしたからこそ、

    「思いやり」「共感」ができる。

    自分が経験のないことには想像力が働きません。

     

    その共感や思いやりによって、

    他者に喜んでもらえたり、感謝されたりすると、

    自らの存在理由が上がる。

     

     

    だから、

    人の役に立てるようになるために、

    制約束縛を持って生まれてくる

     

    自分のカルマや課題をクリアしつつ、

    周りの人の課題のクリアもお手伝いする。

     

    IRMではそれを「自他浄道」と呼んでいます。

     

     

     

    私は結構生きづらい人生を歩んできていて、

     

    なんでなんでもうまくできて、いつも楽しそうな人がいるのに、

    私はこんなにダメなんだろう。

     

    なんで人から好かれて、温かい関係を築けて幸せそうな人がいるのに

    私はこんなに嫌なことばっかりなんだろう。

     

    という気持ちを小さい頃からずっと感じてきました。

     

     

    だから、

     

    人の役に立てるようになるために、

    制約束縛を持って生まれてくる

     

    という言葉にとても響きます。

     

     

    みなさんはどうですか・・・?

     

     

     

     

    ちょっと話が変わるようですが、実は今、

    「パーソナルフラワーブランディング」のモニターに選んでいただいていて、

     

    私のブランディングのためにこんなお花を用意してくれました。

     

     

     

     

    私のサロンのロイヤルブルーのテーブルに合わせたイエローのアレンジです。

     

     

    このアレンジ、何に見えますか・・・?

     

     

     

    「花束」

     

    をイメージして作ってくれたそうです。

     

    その理由に心底感謝・感動しました。→「ギフト」

     

     

     

     

    最初は自分が楽になりたい一心で始めたIRMで、

    なんで私はこんなにうまくいかないタネばっかり持っているんだろうと

    自分を呪っていました。

     

    最初から楽しそう幸せそうな人っていいな、なんで私は、、、という感じです。

     

     

    でもある時から、自分がこれだけたくさんの制約束縛を持っていたからこそ、

    それを浄化、乗り越えられた経験が人の役に立てるんだという肯定感が生まれました。

     

     

    そして、実際にその経験が全てIRMのインストラクターとして今役立てられていることを

    こうやって記事にしてくださる方までいて、実感できていることが本当に嬉しいです。

     

     

     

    自分にはなんの取り柄もないと思っていたところから

    取り柄どころかダメなところばっかりだと思っていたところから

    人にギフトできるものを創り出せた幸せ。

     

    何もないと思うこと自体も、ギフトにつながっていたんです。

     

     

     

    今自分の何がどう役立てるかイメージが湧かなかったとしても大丈夫。

     

    同じ立場の人に共感できる

     

    ということ一つだけでも、大きなギフトになると思います。

     

    そして、(私はしばらくそう思えませんでしたが)

    自分が乗り越えることで人の役に立てる!

    というところにモチベーションを感じて向き合えるようになると

    幸せかなと思っています。

     

     

     

     

    IRM認定インストラクター

    奥山リエ子

     

     

     

     

     

     

    スポンサーサイト

    • 2018.01.10 Wednesday
    • 23:37
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << April 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM