人って素晴らしい

  • 2017.11.20 Monday
  • 06:45

 

こんにちは(^^)

IRM認定インストラクターの奥山リエ子です。

 


先週書いたように、10月から子育てのお茶会
「すぐに役立つ!育知力UPのお茶会」で
幸田先生にお話ししていただいています。

 

先生は教育に関心を持ったところから、
児童心理学を入り口に、心理学、脳科学・・・
と勉強しだしたそうなのですが、

そもそも教育に興味を持ったきっかけを
この1回目お茶会の朝思い出したそうです。

 

 

それが、テレビ寺子屋にレギュラー出演されていた
「吉岡たすく」さん。

 

 

私も気になり調べてみたら、

<吉岡たすく思い出の名講義 子どもはすばらしい>

という講義の記事に出会いました。

 


ぜひよかったらこれを読んでから
この先のブログも読んでいただけたら。

 

 

 

私はこれを読んで涙が止まらなくなりました。

 

>この時私は、誰でも場を与えられれば
必ず力を発揮するのだと言うことを教えられました。

 

と最後に書かれています、本当にそうだなと思ったんです。

 

 

 

というのも、私にもヒロコのような経験があったから。

 

 

小学校の時、私もクラスの中ではかなり大人しい方で、
自己主張・自己表現できずにいたし、
ましてや人前で目立つことなんてありませんでした。

 

 

そういうセルフイメージだったはずなのに、
なぜか小4?5?くらいのときに、
年に1回の新入生歓迎会かなにか、
全校朝会みたいなので、ゲームの担当になりました。

なんと壇上に上がって全校生徒の前でゲームを仕切るという・・・。

 


なんでこう決まったのかは全然覚えていないのですが、
これも3人で担当で、他の二人もすごく大人しくって、
人前に出るようなタイプではない。

 


そんな中自分たちでこのゲームにしようと考えて決めて、
当日は全校生徒の前でやり方を説明して、
実際に壇上で見本を見せて(踊った気がします・・・)
他の二人が積極的じゃなかったので
私が中心になってやりました。

 

 

 

先生からやればできるのね
あなたのそういうところ知らなかった!


・・・みたいなことを言われた気がします。

 

 


その時の感情はほとんど覚えていないけど、
自分でも正直びっくりしたんだと思います。

色々と至らない点もあったけど
その役目を果たせたことに対しては肯定できていたし、
私結構人前でも大丈夫かもというある種の自信がつきました。

 

 

 

この、かなりセルフイメージが低い時期に
こういう体験をできたことが、
実は本当にありがたいことだったんだと
この記事を読んで思えてきて、本当に感動したんです。

 


私自身のその力はまた20年以上ずっと
使われることはなかったけど、
数年前から人前で話す機会が増えてきています。
(全校生徒というほどの人数ではないですが・・・)

 

大勢の人の前で話すこと自体には恐怖を感じなかったのは、
この体験があったからかもしれません。

 

 

 

そして、本当に人にはたくさんの可能性が眠っていて、
発揮する場を与えてもらえるかどうかが
大事だということも思ったし、

自分はもちろん、人の可能性を決めつけないこと、
信じることの大切さを教えてもらった体験だったのだと
今理解することができました。

 

 

 

子どもだけじゃなくって、
大人になったって、
場を与えられた時に真剣に取り組めば必ず力を発揮する。

 

 


人って素晴らしい(^^)


一生懸命が人生を変えるのだと思いました。

 

 


IRM認定インストラクター
奥山リエ子

 

「親子のための育知コミュ」始まりました!

  • 2017.11.14 Tuesday
  • 05:37

 

こんにちは(^^)
IRM認定インストラクターの奥山リエ子です。

 

 
3週間前の、

 

++++++++++++++++++
実は9月から、
<ママ力(りょく)>向上プロジェクト!
を始めました(^^)
++++++++++++++++++

 

をみてくれて、ご興味を持ってくれた方、

いらっしゃいますか・・・(^^)

 

今日はこの新しく始めた企画についてご紹介させてください。

 

 


最初は「ママ力」を使っていたのですが、
すでに使っているサイトが多かったので、新しく考え直し、

幸田先生の造語「育知(いくち)」を使うことになりました。

 

 

育知とは、
育児のための知恵を育てること。

 

育児のための知恵をみつけ、育て、発揮する!

 

そのために、学んだことや実践したことを
お互いにシェアして磨いていくコミュニティ

 

「親子のための育知コミュ」

 

サイトもオープンしました!!

 

 

スーパーバイザーを幸田先生にお願いし、
私もみなさんと一緒に学び実践していきます(^^)

 

 


そして、先月26日に1回目、昨日2回目のお茶会を開催し、
幸田先生の「育知力を磨くための3つの重要なテーマと5つのコツ」
のお話を聞いたり、

実際に具体的なケースでご相談していただきました。

 

 

 

 

 


ご参加してくださった方の相談や質問で
本当にたくさんたくさんいいお話が引き出せたのですが、

響いた中でも一つ、勇気をもらえたな〜と思ったお話があるので、
シェアしますね。

 

 

「うちの子は他の子と違って・・・」
「他の子はできるのに・・・」

 

と、比べてもしょうがない、比べないほうがいい
わかっていても、気になってしまうことってありませんか。

 

何か発達に問題があるのかもしれない。
と心配している方も、結構多いと感じています。

 


それに対して、

 

「周りの子はしていないから、自分の子もしないべきだ」
「周りの子がしているから、自分の子もするべきだ」

という「前提」をやめたほうがいい。


見える、聞こえる、〇〇できるという

「前提」を勝手につくってしまっているけど、
何が正しいくて何が正しくないとかは一切ない。

 

「ヘレンケラーを育てたサリバン先生を思い出すといいですよ。」

 

見えない、聞こえない、話せない・・というところから、
相当な苦労をして、一人前どころか誰もが偉大な人だと
認めるまでに育てあげたということを考えてみると、
大抵の問題は問題じゃなくなります。

 

・・・ということだったんです。

 

 


IRMでは視点・前提を変えることで問題を本質から解決していきますが、


たしかに・・・


ちょっと自分とはかけ離れている!と
思われた方もいるかもしれませんが、


子育てをする、一人の人間の命を預かるということは、
そのくらいのミッションなんだよな、と

自分の子育てに対する意識の甘さを反省しました。

簡単に変わるという前提は、やめたほうがいいなと思いました。

 

 

余談ですが・・・この記事を書くのにちょっとだけ
ヘレンケラーとサリバン先生のことを調べてきみたのですが、
なぜが涙が止まらなくなり、鼻水も止まらなくなり、
まわりにティッシュの山が出来始めています(笑)

 

 

思ったのは、それだけ苦労して育てられたからこそ、
普通はハンディキャップとなるようなことが、
人類の財産とも呼べるようなものになったこと。

ヘレンケラーが最初から見えて・聞こえて・話せたら、
こんなに人に勇気や影響力を与えることになはっていないですもんね。

 

 

プラスとマイナスは表裏の関係というのは真理で、
大きなマイナスだと思うことほど、大きなプラスにできる。

これは私自身が9年近くIRMを実践してきてすごく実感しています。

 

 

だから子育ても、子どもにとってマイナスだと思えるような資質も
育て方で必ずプラスの芽を出す、そして人に貢献できる資質になる!

ということを信じて、希望にしていきたいと思いました(^^)

 

 


さて、サイトには、
子育て中の方なら是非読んでいただきたい
「育知力を磨くための3つの重要なテーマと5つのコツ」
を載せています。


また、順次HPのブログで先生のお話などお役に立つ情報を更新していきます。

 

ぜひチェックしていってくださいね。

 

 

また、お茶会の優先案内や、お役立ち情報をお送りする
育知コミュのメルマガも12月から始める予定ですので、
ご興味を持ってくださった方はぜひご登録ください(^^)

 

ご登録はこちら→

 

 

 

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

 

今日も良い1日をお過ごしください。

 

 

IRM認定インストラクター

奥山リエ子

【自分イキイキCafe】にリニューアルです!

  • 2017.11.07 Tuesday
  • 00:00

 

こんにちは(^^)

IRM認定インストラクターの奥山リエ子です。

 


感情学修の体験会だった「感情学修カフェ」ですが、
一回でおしまいの体験というよりも
何度でも通って少しづつ自分に向き合っていってほしいな・・・
ということで、

 

このたび趣旨を少し変えて

 

【自分イキイキCafe】

 

としてリニューアルしました*¥(^o^)/*

 


同時に自分イキイキCafe用の初級者向け、
だけど今までよりもアップグレードした

「感情学修シート」も誕生しました。

 

自分らしさを作り、周りに振り回されない自分へ!

 

 

 

さて、アップグレードした感情学修シートの特徴が3つあります。

 

(1)「情報の受け取り方」にフォーカス


(2)独自の言霊を用いることで内容の把握をしやすくした


(3)今後の「ネガティブな感情発生の予防」が目的

 

です。

 

 

これによって、

初めての方でもとても取り組みやすく、

浄化へ導きやすくなりました(^^)

 

実際に先行してクライアントさんには使ってもらってみたのですが、

どなたも「わかりやすい!」とのことでした。

 

 

さて、(1)「情報の受け取り方」にフォーカス

について、今日は少し説明してみようと思います。

 

 

私たちは「情報の受け取り方」
ひとりひとりオリジナルの世界を創っています。
 
「情報」って、普段はテレビや雑誌や口コミで仕入れるような

イメージがあるかもしれませんが、

 

ここでは、

五感(第六感も)で感じる全てのことを指しています。
 

 

例えば、先日の1DAYスクールでお話ししたのですが、

 

女の子が一人で泣いています。

 

 

 

この写真も「情報」なんですが、

これをどう受け取りましたか?

 

 

泣いている女の子の例を出したのは、

私自身、小一の娘が月に一回くらいは学校から帰ってきて泣き出すんですね。

最初はその理由を聞いて、

かわいそうに・・・とか、

こんなに嫌なことがあって明日から学校大丈夫かな?とか、

心配になったりしていました。

 

それだと、「かわいそうで心配な娘」を私が創造していることになります。

 

 

でも、今同じことがあっても、

泣けてよかったな。感情を出せてよかった。

色々な感情を体験できるのは大切なこと。

と思えるので、

 

「感情を表現できる安心な娘」を創造することになっています。

 

 

これって、真逆ですよね。

娘が泣くという情報は同じなのに。

 

 

これは、不安というネガティブな感情を浄化できたから

安心できるようになったんです。

 

 

娘がどうこうということよりも、

自分自身の受け取り方で、

自分にとって心配な娘を創ることもできるし、

自分にとって安心な娘を創ることもできる。

 

そして、その意識がこの先の現実を創っていきます。

 


なので、

ネガティブな感情が出るような
「情報の受け取り方」をしたときには、
それを修正することで、
今後同じ事で自分が苦しい反応をすることがなくなり、
本当に望んでいる自分の世界を創ることができます。

 

 

その修正のための、

「アップグレード版感情学修シート」なのです(^^)

 

 

 

「アップグレード版感情学修シート」は、

自分イキイキカフェ・IRM1DAYスクールで詳しく説明を聞き

実際にやってみることができます。

シートも差し上げています。

 

 

【自分イキイキCafe】

11/10金・11/12日 開催決定! 

 

【IRM1DAYスクール】

次回は12/10日!

 

 

皆様のお越しをお待ちしております!

 

 

IRM認定インストラクター

奥山リエ子

 

 

 

御陰様で

  • 2017.10.31 Tuesday
  • 07:00

こんにちは(^^)

 

IRM認定インストラクターの奥山リエ子です。

 

 

土日で、幸田先生とIRMの運営をしている仲間と

京都・奈良の旅行へ行ってきました〜!

 

 

◆京都・鞍馬寺

 

◆奈良・橿原神宮

 

◆奈良・薬師寺

 

と3箇所めぐったのですが、

どこも本当に素晴らしくって。

そして個人的なことですが、私のルーツにも

触れることができた旅になりました。

 

 

今までもなんども幸田先生たちと寺社仏閣をめぐったことがあるのですが、

家族旅行と違うのは、そこにまつわる幸田先生のうんちくを聞けること。

そして、そこの宮司さんたちから深いうんちくを引き出すことができること。

(ある程度知識がないと質問もできないですよね)

 

 

 

まず一つ目の先生のお話では・・・

 

 

神社は感謝するところ。

お願いの言霊は「御音害」

害を与えていることになる。

 

お願いしたくなる神様も自分だということが

わかってくると、お願いしなくなる。

 

 

 

例えば、うまくいかないこと、

自分の力ではどうしようもないと思って

神頼みしたくなることって、あるかもしれません。

 

 

でも、そこで大事なのが、

「現実を創造しているのは自分でしかない」

ということ。

 

 

なんとかしてほしい!という思いで手を合わせたら、

自分の力では解決できません!

とわざわざ宣言することになっていると

この話を聞いて気づいたんです。

 

 

そして、起こったことを、

神様がなんとかしてくれた!と思うのも自分。

お願いしたのにダメだった!と思うのも自分。

 

 

だから、何より大事なのが、

自分自身がこの現実を創造していて、

変えていく力は自分にしかないということを

しっかり自覚すること。

 

・・・と改めて思ったのでした。

 

 

 

 

初日の鞍馬寺では、正式参拝した後、

三体のご本尊が安置されている

本殿の地下のエネルギーがすごいということで、

先生に案内してもらいました。

(先生は昨年毎月のように来ていてとても詳しいです。)

 

 

 

 

地下はかなり暗くって、すごく静か。厳かな雰囲気。

他には誰もいません。

信徒の納めた髪の毛が小さな壺に入ってたくさん並んでいます。

(多分、怖い〜と思う人もいると思います。)

 

その壺に囲まれた中を、後についてぐるぐる歩いて・・・・

 

 

会えました。

中央に毘沙門天、向かって右に千手観世音、左には護法魔王尊。

これらの三身を一体として「尊天」と呼ぶそうです。

 

 

 

手を合わせていて、

有難いなあ・・・という思いが起こってきました。

 

 

こんな人目のつかない暗いところにずっとずーっといて、

それは何のためにかと言ったら、

自分がどうこうとかじゃなくって、

人類の平和や幸福を祈り続けるため。

 

その仏像だけがということではなくって、

お寺ができた1200年前、もっと前から鞍馬寺に関わって、

維持してくれてきた方・受け継いできてくれた方たちも

含めた全ての象徴として感じられました。

 

本当にありがたいな。

今まで意識してなかったけど、

おかげさまで私たちは生かされているんだな・・・

という思いがこみ上げてきたのでした。

 

 

 

その話を先生にしたところ、教えてもらったのが

 

 

おかげさまは御陰様

「陰」(かげ)は「影」でもある。

 

太陽神と言われているのが天照大神(アマテラスオオミカミ)ですが、

 

陰があるから、アマテラス(太陽)に

照らされているということがわかる。

 

そして、自分という存在がないと影はできない。

陰によって照らされている自分の存在を確認することもできる。

 

 

 

これからは影をみたときに、

 

どんな時でも太陽の恵みをいただいているんだな。

 

と思い出し、

 

どんな時でも天照大御神に照らされているんだな。

(世界のあらゆるものから恩恵を受けているんだな)

 

と思い出し、

 

そんな照らされている自分の存在って尊いな・・・と

感謝できるようになろうと思いました。

 

 

 

 

そして、

 

仏像だけいてもダメなんです。

 

お寺にいる人が、いろいろ(掃除やお勤めや・・)とやっているから、

その仏像にエネルギーが降りる。

 

逆に変に関わるとエネルギーは悪くなる。

 

本当のパワースポットであるためには、

そこにいる「人」が大事なんです。

 

 

とのこと。

 

 

私たちが気持ち良い気を受け取れるために、

たくさんの人が働いてくれている。

 

そういうところまで感謝できた

本当に私にとって価値のある旅になりました。

 

 

 

みなさんが今後気持ち良くお参りするための

ご参考になったら嬉しいです(^^)

 

 

 

最後までお読みいただきまして

ありがとうございました。

 

 

IRM認定インストラクター

奥山リエ子

 

 

 

 

 

 

一番は、子どもに対する尊敬

  • 2017.10.24 Tuesday
  • 00:00

 

「一番は、子どもに対する尊敬です。」

 


先日の1DAYスクールの懇親会。

子育てで悩んでいる知人のことを相談した時の
幸田先生からの一言です。

 

 

今日はよりよい子育てに役立つのではと
思ったことを書きますね(^^)


(あ、子育てじゃなくても、
人間関係全般に必要なことだと思うので、
そんな観点で読んでいただけたらと思います!)

 

 


「一番は、子どもに対する尊敬です。」

 


この「尊敬」ができているかできていないかが
すごく大事なのだということが、
私自身考えてみてすごくよくわかったんです。

 

 


子どもも、自分も、気分がいい時はいいと思うのです。

 

でも、子どもの機嫌が悪いとき。
自分の体調が悪かったり忙しかったりして
余裕がなくなっているとき。

 

そんな時が要注意ですよね。

 

 

 

普段だったら大丈夫なのに、

 

ここでそんなに怒らなくてもいいよね・・・
ということで怒ってしまったり、
そんな言い方しなくても・・・
という言い方をしてしまったり

 

ということはないですか。
(私もまだまだあります・・・)

 

 


子どもの自我がはっきりしてくると

 

「今まで生きてきて、こんなに感情的になったことはない!」
「自分ってこんなにイライラする人間だったっけ!?」

 

と感じるママって多いようです。

 

 

 

それって、「自分の子どもだから」なんですよね。

他人の子どもや友達や職場の人には
そんな怒り方や言い方はしていないんじゃないかと思います。
(している方もまあいるかもしれないのですが・・)

 

母親は、自分の子どもに対して、どこか
自分のお腹から出てきた=自分のものである
というのが、無意識にあるというもの原因の一つだそうです。

 

 


そこで、大事なのが「尊敬」

 

 


私も、
自分の子ども達を尊敬できていたかな?
と振り返りました。

 

子ども達の個性は素晴らしい!と尊敬しているけど、
一人の人間としての尊敬と考えた時、


尊敬している相手に、
あんな怒り方や、こんな言い方するかな??

と思ったら・・・

 

しないです・・・。

 

 


例えば、私は幸田先生を尊敬していますが、
え〜!なにそれ!!ありえない!!という怒りがこみ上げる時も
不満に思うことも、それはまああるわけです。

 

でもその怒りを伝えるのに、子どもに言うようには言わない。

たとえ感情をぶつけるにしても、言い方は考えます。

 

感情的になっている時ってわーっ!て言ってしまいがちですが、
それでも、本当に尊敬している人を目の前にした時は、
尊敬がある種のストッパーの働きをしながら
感情をぶつけたり、言ったりすると思ったんですね。

 

 

 

子どもたちを尊敬していないなんて思ってもいなかったけど、

よくよく考えたら、やはり「子どもだから」と
自分の言うことを聞いて当然の存在と考えていた。
尊敬が足りなかったことを自覚しました。

 

 


このお話のきっかけとなったママは、
しっかり私の鏡として教えてくれていたんだなあと。

おかげで自分の意識を振り返ることができたし、
いい戒め効果もあり、とてもありがたかったです。

 

 


今までは、子どもに言いすぎたりして自己嫌悪になった時は、
とにかく感情学修をして自分の中の
反応する(感情的になる)タネを探そう!
としていたのですが


それだと、感情学修を日々実践している人じゃないと
なかなかすぐにお役に立てません;^_^A 


でも、この「尊敬」というのは、
誰でも意識すればできることなので、
ぜひ実践してもらいたいなあと思いました。

 

 

 


実は9月から、
<ママ力(りょく)>向上プロジェクト!
を始めました(^^)


ブログでも少しづつお知らせしていきたいと思います。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今日も素晴らしい1日をおすごしください。

 

 

奥山リエ子

 

 

なんで親切が必要なの?

  • 2017.10.17 Tuesday
  • 05:43

 

こんにちは(^^)

IRM認定インストラクターの奥山リエ子です。

 

 

前回から記続きのテーマ。

 

IRMで、マイナスを見ていくことよりも
なによりも大事だと考えている

* 感謝 * 感動 * 親切 *

 


今日はそもそも

「なんで親切が必要なの?」

についてです。
 

 


与えたものが還ってくる。

これは普遍的な真理だから、
自分が還ってきてほしいものを与える。

というのは、もうその通りだと思います。


でも、ここではちょっと別のIRMならではの
「純粋動機」の視点をいただけたので、
それを私なりの説明でシェアしますね(^^)

 

 

 

 

IRMでいう「純粋動機」というのは、

もしかしたらみなさんの言葉から想像するイメージとは

ちょっと違うかもしれません。

 

 

「純粋動機」は、

 

何がなんでも絶対に!という強い信念に基づく動機

 

 

なのですが、頭で何がなんでも絶対に!!と思い込むというよりかは、

勝手にそのスイッチが入っちゃうもの。

 

 

そして、これをもてると、

手段や方法を考えなくってもそうなっちゃう!というもの。

 

アイデアや協力者、その他のもの、出来事が向こうからやってきて、

そうそう!これがほしかったの!!という状態。

 

 

本当にこれがやりたい!という「志」がピカッ!!と定まると、

パパパッと現実が固まっていくイメージ

だと幸田先生は話されていました。

 

 

経験されたことある方もいらっしゃると思うのですが、

すごいですよね(^^)

 

私もつい最近体験して、もう全然想像もできなかった

引き寄せをして感動していました。

(この話をスクールでシェアしたのですが、

今後ブログでも書きたいと思っています。)

 

 

 

ほしくないですか(^^)純粋動機。

 

ほしい人はぜひ最後まで読んでくだいね。


 

 

 

で、その純粋動機はどこにあるか?というと、

 

 

 

 

 

 

こちらの一人分の意識の図での一番下のところです。

 

 

(見えないと思うので書きますね)

 

*上の黄緑が顕在意識

 

*その下が潜在意識

 

*さらにその下(奥)は普遍的集合無意識層と呼ぶ、

人間の意識がつながっている領域です。

 

 

純粋動機って、実は潜在意識の奥の、

人と人が深い部分でつながりあっているところにあるのです。

 

 

だから。

 

 

人の役に立ちたい!

社会貢献になる!

 

という感覚である「親切心」

 

が純粋動機に繋がるために大切。

 

 

そういった意識からくる「志」を持てた時に

 

これだ!という「純粋動機」に繋がることができる。

 

 

そんなしくみになっているのです。

 

 

 

 

でも、

 

自分のことでいっぱいいっぱい、

時間もないお金もない協力者もいない

人の役に立つような能力もない・・・

 

と思っている(思い込んでいると)と、

なかなかそちらに意識は向かないと思います。

 

 

幸田先生からは、

 

そんなときこそ、

日々人や物事の潜在価値を観ていくことで、

自分がどれだけ恵まれていたのかという恩恵に気づくこと。

それを繰り返すことで、変わってくる。

 

何が変わるかというと

「命の輝き(=命の使い方)」が変わっていく。

 

 

つまり、自分のことだけに命を使うのではなく、

自分がこれだけ恩恵を受けて生かされているのだから、

自分も何か少しでも役に立ちたい!

という、意識が起こってくるんです。

 

 

本当は、その方がいろんなエネルギー

(人間関係・時間・お金・もの)

を使えるようになる。

 

ということでした(^^)

 

 

 

だから、今親切とかする気分じゃない!

 

という人はまずはぜひ恩恵に意識を向けることから。

 

 

親切を磨いて純粋動機に繋がるんだ!

 

という方は、どんどん今以上に深い親切を。

 

 

実践していっていただけたらなあと思います(^^)

 

 

 

IRM認定インストラクター

奥山リエ子

 

 

 

 

自分が満たされていないと人に親切はできない?

  • 2017.10.10 Tuesday
  • 22:56

 

こんにちは(^^)
IRM認定インストラクターの奥山リエ子です。

 

 

今日のテーマは・・・

 

 

* 感謝 * 感動 * 親切 

 

 


これはIRMで、マイナスを見ていくことよりも
なによりも大事だと考えていることです。


でもね、クライアントさんを見ていると
なかなかやれない人も多いのです。

 

私も始めた頃はそうでした・・・;^_^A 

 

 

日曜日の1DAYスクールでは、
幸田先生が「感謝」「感動」・・・特に「親切」がなんで大事なのか?
をお話しされていて、
私の中でも新たな視点をいただけたので、
ぜひブログを読んでくださっているみなさんにも
今週と来週に分けてシェアさせていただこうと思います!

 

 

 


* 感謝 * 感動 * 親切 *

 


「感謝」と「感動」は、一人でできる
だから比較的やりやすいわけです。

 

でも、「親切」というのは、
具体的になにか相手に有形無形関わらず与えること。
相手が必要になるので、ぐっとハードルが上がる。

 

 

 

クライアントさんでも、
マイナスが浄化できてきて、

感謝や感動は実践できても、


「親切」となったとき


・・・これは、具体的には天職(社会貢献になること)に向き合うとか、
周りの悩んでいる人に役にたつ行動をするとか、

自分の時間とエネルギーを見返りを求めず他者のために使うことなど・・・

 

ピタッと足が止まってしまうことがあるのです。

 

顕在意識では実践しようと思っても、
潜在意識の抵抗で具合が悪くなって

考えられない状況になることさえあります。

 

 

 

「親切」って、とてもわかりやすいバロメーターで、

IRMを実践して、意識の覚醒レベルが深まると、

理屈じゃなくって自然と親切したくなるといいます。

 

私も自分の実感やクライアントさんを見ていて

わかるようになってきました。

 

 

だから、そういう気持ちにならないということは、

まだエネルギーが自分の中でだけ回っている状態で、

 

そのエネルギーが外に出て行くようになると、

親切ができるようになり、

大きくいうと社会貢献などにつながっていくということでした。

 

 

 

※今回は覚醒という言葉を珍しく多様しています。

これは別になにか特別な能力がどうこうということではありません。

覚醒とは、受け入れる力のこと。

 

そんな感覚で読んでいただけたらと思います。

 


 

「人への親切の前に、まずは自分を満たしましょう」

「満たさないと与えられない」

 

ということって、よく言われていると思います。

 

確かにそうだと思うのですが、

「与えることで満たされる」ということもあると思うのです。

 

 

 

だから、親切する気にならないからやらない

もっと深く覚醒できてからやればいい

ということじゃなくって、

 

親切にして、感謝された時の喜びは、

何か与えてもらった時よりも全然大きいと実感しています。

 

だから、自分が辛い時こそ、

他人に親切してみることは、

実は重要なことだと思っています。

 

それによって覚醒も深まると思うのです。

 

 

 

私自身、IRMのプログラムを受けて3ヶ月くらいした頃に、
インストラクターを目指すことになり、
そのために徹底的に「親切」していくという課題が与えられました。

 

まだまだ自分のことしか考えられていない状態。

具体的な方法は割愛しますが、
これはなかなか難しかったです。

 

でも、そんな中でもインストラクターになりたい一心で

色々とご迷惑をおかけしながら、

親切と呼べないようなことも繰り返して反省だらけでした。

 

が、今思うと、そういう課題を与えられたからこそ、

本当に親切ってどういうことなんだろう?と学べ、

親切に意識を向け続け、

結果、速いスピードで覚醒レベルが深まったのでと思います。

 

 

 

そして、真理では、どんなときも私たちは与えられ続けている。

 

それを受け取れていないから、満たされていないと感じている。

 

 

マイナスをなんとか無くそう無くそうとすることだけじゃなくって、

今自分が与えられている恩恵に意識を向けることが、

覚醒につながるし、本質的な幸せにつながることだと思っています。

 

 

 

 

次回は、そもそも「なんで親切が必要なの?」

について、書いていきますね。

 

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

 

今日も感謝・感動溢れる一日をお過ごしください(^^)

 

 

奥山リエ子

 

 

点と点が線になり繋がる感覚で、 なんとなく私の天命天職はこの延長線上にあるのかもな という気がしています。

  • 2017.10.03 Tuesday
  • 00:00

 

こんにちは(^^)

IRM認定インストラクターの奥山リエ子です。

 


今日は「IRM実感プログラム」を受講中のMさんの
2回目のセッションのご感想を紹介させてください。

(Mさんシェアをご快諾ありがとうございました!)

 

 

実感プログラムは、IRMの知識を実践し実感して
望むような人生を自由に創っていくための
マンツーマン・オーダーメイドの6ヶ月間プログラムです(^^)

この中で、感情学修を修得していってもらいます。

 


自分の人生を根底から見直し、しっかり向き合い
最高の人生を生ききるんだ!
という大きな決意をした方が真摯に取り組まれいていて、
私も一番エネルギーを使ってサポート・セッションしています。

 

 

 

IRMまだ2回目のセッションですが、
これだけダイレクトに自分の今生で起こったことに対して
向き合って自分の問題点を直視していって、
サポートしてもらいながら、気づいていけることが
ありがたいなと思いました。

 

私の今まで歩んできた人生、
それを通して学んできたこと、学び続けること。
点と点が線になり繋がる感覚で、
なんとなく私の天命天職はこの延長線上にあるのかもな
という気がしています。

 

本当にオーダーメイドで、
私自身の問題に深く寄り添って頂けるこのプログラムで、
自分自身に対する信頼を取り戻したいと強く思いました。

 

また、この先の私の人生が絶対安心、絶対幸福の中で
歩むことができるように精進したいと思います。
これからもよろしくお願いいたします。

 

 

 

Mさんか書いてくれたように、
天職のヒントは必ずこれまでの人生の中にあります。

それは楽しかったこと嬉しかったことだけじゃなくって、
すごく辛かったこと苦しかったことでもある。

 

 

 

2回目のセッションでは、「人生の棚卸し」というワークを行います。

 

これは、生まれてから今までの人生を感情ベースで全て棚降ろすことで、

今現在問題となっていることを過去とつなげていく。

 

そこに解決のヒントがあるのです。

 

 

IRMでは、プラスの感情が動いた出来事はもちろん、

ネガティブな感情が出ることはデトックスなので、

どんな醜い感情と思うことでも、正直に書いてもらうようにしています。

 

今まで誰にも言えなかったことを書き出すこと、

そして他人にシェアできるだけでも浄化されていきますし、

ドロドロとしたものが出てきたら大成功!

おめでとう!といって共に喜びます(^^)

 

 

IRMは、「いい・悪い」「世間一般では」「常識では」「倫理的には」

を超えたところで考えていくものなので、

どんなものが出てきても100%肯定されます。

だから、こんなこと書いたらなんて思われるか・・・

というところは大丈夫。安心して出してもらっています。

 

 

 

そして「天職」の話にもどると、

プラスの感情を体験した出来事は、そのまま天職に繋がっていくことも多いし、

 

マイナスの感情を体験した出来事

(思い出したくもないような嫌なことだったりするかもしれません)

も、ただそのままじゃわからないですが、

 

感情学修でその体験の本質を理解できた時に、

「そうだ、自分は本当はこれをやりたかったんだ!」

など、自分の閉ざしていた心の奥の声・魂の声を聞くことができて、

それが天職へ繋がっていくことがあります。

 

 

 

・全ての体験は必要があって起きている。

・全ての体験には肯定的な意味がある。

 

・・・など、聞いたことがある方もいると思います。

 

IRMでも、

「体験の全ては、天命・天職に至るための必要なプロセス」

 

 

表面的に、「いいこと・やなこと」

で終わらせてしまわないで、

その体験の本質的な意味を受け取っていくことが、

 

体験を起こしている自らの本質(魂)との繋がりを強め、

魂レベルでの喜びに溢れる命の使い方ができる

「天職」を実現することができる!

 

・・・のです(^^)

 

 

 

そこまで読み解くのはなかなか一人では難しいと思いますが、

 

生まれてからの今までの体験って、書き出してみると

結構繋がっていることが多いのです。

 

自分を知るのにすごくオススメな作業です。

 

ぜひ一度やってみては(^^)

 

 

 

IRM認定インストラクター

奥山リエ子

 

 

 

 

大好評☆感情学修上達講座

【IRMベーシック&アカデミー(1DAYスクール)】

10月8日(日)13:30〜18:30 

 

■詳細はこちら  

 

 


【無料メール講座】
人間関係がみるみる好転していく  
  常識を超えた10のコツ

 

10日間の無料メール講座の後は、
週に1回のメルマガ配信があります。

 

 

 

1対1で丁寧にお話をお聞きします。
【個人セッション】

 

問題の本質を明らかにし、   
「望むことと起こってくることが一致する」    
ための指針を得ませんか?

■詳細はこちら

 

 

 

天職・才能 発現ラボ!才能が欲しいのはなんのため?

  • 2017.09.26 Tuesday
  • 00:00

こんにちは(^^)

 

IRM認定インストラクターの奥山リエ子です。

 

 

一昨日日曜日の午前中は「天職・才能 発現ラボ」でした!

 

最初はちょっとした緊張感が漂っていましたが(笑・みなさん初めましてですもんね)

とっても温かくいい気が溢れているかたたちで、

ワークのシェアの時間には相手の可能性を広げるための発言がいっぱい。

とっても和やかに(^^)

 

 

実際に天才道を実践して収入も得られている翠浹(すいしょう)さん

の体験談もみなさんの心に響いたようです。

 

 

自分の才能を発掘してこれからどんどん開花させていきたい!

天職に向けて一歩踏み出したい!

という方だったので、

その可能性に私もとってもワクワクさせてもらいました。

 

同時に、自分の可能性も同じようにまだまだ広げれるということを

鏡としても観せていただけて、とてもいい体験でした。

 

 

 

 

 

 

ご参加くださったmimiririさんが、

早速その日にブログに書いてくださりました!

 

嬉しい!本当にありがとうございます〜

 

「天職・才能 発現ラボ」に参加してきました!

 

 

 

そのほかにもこんなご感想をいただきました(^^)

 

 

 

 

 

自分の才能を見つけたい!

才能を発揮したい!

 

 

そんなときに大切だと考えるのが、

 

「才能を何に使いたいか?」

「何のために才能を発揮したいのか?」

 

です。

 

 

今回はこういったワークも取り入れました(^^)

 

 

 

実は結構漠然と

 

「自分には才能がないから何か特別なものが欲しい」とか、

「これという才能がみつかったら人生が変わるのに」とか

 

って思っている方も少なくないと感じています。

 

 

でもその意識だと、なかなかみつかりません。

 

 

 

順番が逆で、

 

「こうしたい!」

 

があってから

 

「そのために才能を見つけたい、発揮したい!」

 

だと、才能を見つけて発揮できるようになるんです。

 

 

大事なのは、「目的意識」であり、「純粋動機」

 

 

 

だから、「自分の才能がわからない」

 

と思っている方こそ、まずは、

 

「何のために才能を知りたいのか?」

 

をしっかり考えてみてくださいね。

 

 

その「何のために」の思いが強くなればなるほど、

 

まだ見えない才能が引き出され、発揮されていくことになるんです。

 

 

 

過去の記事ですが、こちらも参考に(^^)

 

【天才道】才能は道具である

 

 

 

 

そして大前提として、

 

天職のための才能(=天才)もその他才能も、

誰でも必ず持っている。

持っていない人は生まれてこれない。

 

 

必ずある前提で才能は見つけ引き出すんです。

 

ないと思っている中からは絶対に見つかりませんよ〜!

 

 

書いてみると当たり前ですが、

私って才能がない。

と信じていると、本当に見つからないのです。

才能の芽を自分で摘み取ってしまうんです。

 

 

才能は、「ある前提で」探してくださいね(^^)

 

 

 

導入部分のワークについて、今日は書いてみました。

 

 

また次回も開催したいと思っていますので、

ご興味のある方は是非ご登録を!

 

日程が決定次第ご連絡さしあげます。

 

詳細はこちらをどうぞ

 

 

 

最後までお読みいただきまして

ありがとうございました(^^)

 

 

今日も価値ある1日でありますように!

 

 

IRM認定インストラクター

奥山リエ子

 

 

 

大好評☆感情学修上達講座

【IRMベーシック&アカデミー(1DAYスクール)】

10月8日(日)13:30〜18:30 

 

■ご案内・お申し込みはこちら  

 

 

 


【無料メール講座】
人間関係がみるみる好転していく  
  常識を超えた10のコツ

 

10日間の無料メール講座の後は、
週に1回のメルマガ配信があります。

 

 

 

1対1で丁寧にお話をお聞きします。
【個人セッション】

 

問題の本質を明らかにし、   
「望むことと起こってくることが一致する」    
ための指針を得ませんか?

■詳細・お申し込みはこちら

 

 

 

 

 

 

 

辞書に載っていない「聖」の成り立ちと意味

  • 2017.09.19 Tuesday
  • 07:49

 

こんにちは(^^)
IRM認定インストラクターの奥山リエ子です。

 

 

前回、「 鏡の階層」では

1DAYスクールで学んできたことを書かせてもらいました。

 

 

「人は心の鏡」「鏡の法則」

というときの「鏡」には階層があること。

 

 

一番奥の階層で、常にあらゆる存在を

「聖なるもの」だと観れている人のことを「聖者」と呼ぶ

 

 

 

 

ここで、「あらゆる存在が」ということは・・・

 

 

「あなたも」ということです。

 

 

 

どうですか?

 

あなたは聖なる存在です!聖者です!

 

 

と言われて、はいはいそうなんですって言えるでしょうか?

 

私は最初相当違和感がありましたよ・・・。

 

 

 

そして辞書でまず確認してみました。

 

聖なる

→神聖

 

神聖

→尊くておかしがたいこと。清浄でけがれがないこと。

特に、宗教・信仰の対象などとして、

日常の事柄や事物とは区別して扱われるべき

特別の尊い価値をもっていること。また、そのさま。

 

 

そう、何か特別に尊い価値がある、

日常とは区別されたものという概念が定着していますよね。

 

 

でも、人間の本質であり、すべての人のおおもとにあるものは

尊くておかしがたいもの。清浄でけがれがないもの。

 

その周りには、確かにそうとは思えないようなものが覆っているのですが、

覆っている表面だけがその人ということではなくって、

奥にあるものもその人であることは間違いないはずだと思うんです。

 

 

だから、どこを観るか?がとても大事です。

それが「鏡として観る」という前回のお話でした。


 

 

 

そして、今日の内容はここから。

すごく面白い!!と感動したところです。

 

 

ちょっと違う視点から「聖」を考えてみて、

 

聖という漢字はどうできているか?

というお話がありました。

 

(注:辞書に載っていることではなく、IRMオリジナルです)

 

 

分解してみると、「耳」と「口」が「王」であると書いてある。

 

 

それってどういうことだろう?

 

 

とみていくと・・・・

 


「耳=聞き方=インプット」と、
「口=言い方=アウトプット」が


「王=支配者=自らの現実を支配している者」

 

 

であるということになる。 

 

 

つまり、

 

自らの人生の「王」であるための、
インプットとアウトプットができるようになった人

 

のことを「聖」者と言うということでした。

 

 

素晴らしい漢字の読み解き方にすっごく感動しました。

 

 

それはつまり、

このブログでも何十回も書いている

まず最初に大事な

 

「自らが100%すべての現実を創造している自覚」がある人

 

ということ。

 

 

それがあれば、

自分が本当に幸せでいられる「聖」でしか

インプットしないアウトプットしない

ということができるし、

 

すべての存在をその「聖」をうつしてくれる鏡として

観ることができるのだなとつながっていきました。

 

 

 

いきなりそうなることはできないけれど、

意識の向け方としてとても大事なことを教わりました。

 

 

 

ここまで読んでくださった方、

自分の「聖」を意識すると同時に、

 

すべての存在をみるときに、

その存在に必ずある「聖」をみるようにしてみませんか(^^)

 

 

自分の人生の王さまになれますよ♪

 

自分の人生なのに、他の何かに支配されていたら楽しくないですよね。

 

 

 

IRM認定インストラクター

奥山リエ子

 

 

 

どうしても「聖」には見れない!!と思う時に、

言い聞かせや思い込ませではなく、

自然と観れるようになるのが「感情学修」です。

 

また10月も真理や感情学修にまつわる、

実践的な話がたくさん聞けますよ(^^)

 

【IRMベーシック&アカデミー(1DAYスクール)】

10月8日(日)13:30〜18:30 

 

■ご案内・お申し込みはこちら  

 

 

 

みんなある、何かある!

【天職・才能 発現ラボ】

 

 

詳細はこちら

 

 


【無料メール講座】
人間関係がみるみる好転していく  
  常識を超えた10のコツ

 

10日間の無料メール講座の後は、
週に1回のメルマガ配信があります。

 

 

 

1対1で丁寧にお話をお聞きします。
【個人セッション】

 

問題の本質を明らかにし、   
「望むことと起こってくることが一致する」    
ための指針を得ませんか?

■詳細・お申し込みはこちら

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM